These are the Days

日常の小さなサプライズを写真で


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


21
Category: EFS 55-250mm F4.0-5.6 IS   Tags: ---

モクレン

むか~し、
庄司薫さんの小説で映画化された「白鳥の歌なんか聞こえない」

その中で映っていたモクレンの花が印象的でした






おまけです

テーマ 花の写真    ジャンル 写真



 

Comments

Edit
懐かし~い!庄司薫さん。赤、白、青、黒、夢中で読みました。
そう、斉藤さんちの木蓮が咲いたよって、由美ちゃんが迎えに来るとこから始まって。残念ながら、映画は見てなくて・・・。
白い花って、可憐な花が多いけど、これ、何だか生命力を感じますね。こんなに大きな花が枝一杯、空に向かって咲くなんて。でも、1つ1つの花は、花びらが透けてて、影がやさし~い。
EditGreen さんへ
こんばんは、Greenさん。
そうそう、由美ちゃんでしたね。
毎年、木蓮を見ると思い出すんです。
みんな空に向かって咲いるのが不思議、たまには変わり者がいてもいいのに・・・

春ですね、そろそろ桜も咲き始めているようです。
Edit素晴らしい~♪
う~~~~~ん!
撮る位置が・・・高~~~い(笑)
青空に純白 眩しいな~☆

オマケ 大好きです!!

東京マラソン2009
毎年掛け声だけで・・・終わってる(ーー;)
Editsaori  さんへ
高いのは身長のためではなく、傾斜地にあるからなのです。

東京マラソン2010はいよいよ出場でしょうか
応援に行きますよ。
Edit
きれい。
純白・・・雪みたいですね。
青い空が春めいていますね。
おまけのお花は落ち着いていますね。
うちのパンジーも もうちょいです!
こちらは今朝、まさかの雪でした^^;
Editミキ さんへ
こんにちは、ミキさん。
春の暖かさから一転して、今週は冬に戻ったようですね。
パンジーも震えているようです。
といっても来週は4月、桜の季節到来ですね。
Edit
ご無沙汰しています。
木蓮と庄司薫さんの小説
この季節 垣根越しの木蓮をみると思い出します。
若い頃に読んだイメージって 心に染みいているものですね
でも 時や場所が変わっても 同じような感覚を持っている人が
いるって嬉しいし 凄いことだなあ~って思います。
それにしても お写真の木蓮って 本当に真っ白く輝いていますね
小説に出てきたイメージが絵になったって感じしました。

Editkokage さんへ
こんばんは。
kokageさんもモクレンに同じ思い出があるんですね。
なんだか嬉しいような不思議な気持ちです。
映画では高い位置から木蓮と若い二人の姿が映っていたように記憶しています。
あのシリーズの単行本をどこにしまったのかなあ・・・。


Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。